岡山での外壁屋根リフォームをお考えの方は、トータルホームにお任せ下さい。

外壁リフォーム専門店
営業時間
0120-17-6464
 
TOP > 屋根リフォームのタイミングについて

屋根リフォームのタイミングについて

住宅の屋根にはさまざまな屋根材が使用されています。
しかし、上ってみないとわからないため、
意外と忘れがちな箇所でもあります。
 
それぞれの屋根材には、それぞれのメンテナンス方法があります。
ここでは、それぞれの屋根材に考えられる劣化の状態と、
メンテナンスの種類などを紹介していきます。

スレート瓦屋根:色あせ・はがれ・割れ・カビ・コケ・サビ

 ①色あせ・はがれ
外観を損ない、割れやすくなります。

②板金のサビ
鉄部露出部分が錆び、穴が空き雨漏りとなることもあります。

③瓦が割れている
瓦の飛散・落下することや 雨漏りとなることもあります。

④コケ・カビ
水切れが悪く、目詰まりにより水を引き込みやすく下地を腐らせます。

 

瓦屋根:ズレ・割れ・しっくいの剥がれ

①瓦が割れている
瓦の飛散、落下や雨漏りとなることもあります。

②瓦がズレている
漏水しやすく下地を普及させる恐れがある。

③棟が痛んでいる
瓦の飛散・落下し雨漏りとなることがあります。

④しっくいの剥がれ
棟のへたり、瓦のズレにつながります。



セメント瓦屋根:色あせ・ズレ・割れ・カビ・コケ

①塗装の劣化
外観を損ない、割れやすく、雨漏りとなることもあります

②瓦が割れている
瓦の飛散・落下し、雨漏りとなることもあります

③瓦がズレている
漏水しやすく下地を普及させる恐れがあります。

④コケ・カビ
水切れが悪く、目詰まりにより水を引き込みやすく下地を腐らせる。



金属瓦棒屋根(トタン屋根):はがれ・サビ

①塗膜のはがれ
基材が露出し、防水機能が低下しサビにつながります。

②サビ
鉄部露出部分が錆び、穴となり雨漏りとなることもあります。



その他

①天井裏の雨漏り
最も悪化した状態。屋根が原因で、天井裏で雨漏りしています。

②軒天のシミ
雨水が浸透していると家の構造体を腐らせていく原因となります。



屋根のメンテナンス時期をご存知ですか?

 




屋根リフォームのプラン比較

 



→次へ 『屋根リフォームの最適な解決方法』

5つの違いで差が付く外壁塗装
外壁ご提案10カ条
ご訪問10カ条
お問い合わせの流れ
外壁塗装の流れ
外壁塗装リフォーム
屋根塗装リフォーム
 
無料雨漏り診断
塗料の比較表
 
外壁屋根塗装事例はこちら
会社概要
スタッフ紹介
お客様の声
 
ご相談 お問い合わせ
無料見積もり依頼
資料請求
 
 
ページの先頭へ戻る
このページの先頭へ戻る お見積もりのご依頼 0120-17-6464